ジェントルマンズジャーナル

海外のホテルで仕事することになったのでアレ食ったとかコレ食ったとか書くためのブログです。

奇跡のカレーソース

数日間ひきこもっていました。

ひきこもっているとお金を使わなくても良いという利点を発見しました。

会社勤めのころは、毎日ガソリンまたはバスなどの交通費、駐車場代、そしてあまり自炊する意欲もなくなるので食費もかかる。

引きこもっているこの数日間は完全自炊でコンビニで酒やビールを買ったものの、通勤しているときの数分のイチ。こりゃあ働いた方が良いのかひきこもっていたほうが良いのかわからん。しかし「働かざるもの食うべからず」という格言の通り、単純な足し算引き算すれば考えるまでもありません。

買い物に行かないのであるもので料理をするしかない。今日は買ったまま何か月も放置していたカレールーや古くなってきたニンジンなどもあったのでカレーにしました。

私の人生の学びのほとんどは「試してガッテン」から学んだといっても過言ではありません。カレーの作り方ももちろん試してガッテン流です。

www9.nhk.or.jp

 

でも面倒だし買い物にいっていないのでない材料もあるのでもちろん自己流です。試してガッテン流なのは、ニンジンや玉ねぎ、にんにく、しょうがなどを炒めてよく煮込んだ後でミキサーにかけることだけです。濾すこともしません。

水分を追加しながらミキサーにかけて、イオンの一番安いトップバリュー製のカレールーを入れて煮込んでいたら、ルーが足らずに緩いことがわかった。

そこで、もうすべての食材や調味料をつかってしまわなければならない身。以前買って使い切っていないパプリカパウダー、コリアンダー、ジンジャー、チリパウダー、湿気ってカチカチになった塩などを超テキトウに入れたところ、奇跡のカレーソースができました。

前回、試してガッテン流で適当なカレーを作ったときはあまりおいしくなく、食中毒になってしまうのではないかと思うくらいカレーがずっと残っていましたが、今回はご飯が3合あれば3合、5合あれば5合食っていたことは間違いないだろうと思うくらいおいしかったです。全部適当だったので、再現性が全くありません。