読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェントルマンズジャーナル

海外のホテルで仕事することになったのでアレ食ったとかコレ食ったとか書くためのブログです。

ホテルとテクノロジー

今日は初めての夜勤なので、朝起きて午前中勉強したりネットで新潟工業ラグビー部の花園での初戦の試合を見て過ごしましたが、昼にカップラーメンを食べてから寝たりゴロゴロしていました。

ゴロゴロしていてもついスマホ片手になってしまい、「やるときはやる、休むときは休む」という規律がなくなっていて時間を無駄に使ってしまった気になります。

スマホ片手にゴロゴロしている間に気になったのが、いまは人工知能だとか仮想通貨だの仮想通貨の根幹となるブロックチェーンだのIoTだの魔法のような言葉をよく聞く時代ですが、ホテル業界はこれらの技術で一体どうなっていくのだろうかということが気になり調べてみました。

人工知能やロボットでいうと、ハウステンボスにある人間がいなくフロントも荷物運びもロボットがやってくれる「変なホテル」

www.h-n-h.jp

 

いまは「なんだこんなもん」という半分冗談のネタような内容ですが、こういった新しい取り組みが技術の発展とそれをゆくゆくは当たり前に受け入れてしまうであろう我々がこういうものを発展させた形で当たり前にしていくのだと思い、ナイストライだと思います。

仮想通貨やブロックチェーンでいえば、支払いをビットコインで受け入れているところがあるかもなというだけだと思いますが、一度なんか開発されてしまえばいままでの産業が根幹から吹っ飛んでしまうくらいのものになるんだろうなと期待して待っています。

IoTというのはモノとインターネットの融合みたいな感じらしいのですが、正直いままであまり興味がありませんでした。が、これも九州で福岡なのですが、IoTの技術を利用したホステルが福岡にできたそうです。

toyokeizai.net

 

japanese.engadget.com

正直、こちらもいらないものを無理やりスマホとかに連動させただけのような、なんだ、こんなもんかと感じる内容です。人工知能もIoTも技術自体「こんなもん」なので、それを応用してもまだ「こんなもん」になってしまいます。

でも新しいテクノロジーやその応用は日々進化して気がついたら魔法のように世界が変わっていたりするので、こういった取り組みのひとつひとつが試行錯誤となっていくのでナイストライだと思います。2800円くらいで泊まれるので福岡に行ったときには泊まってみたいです。

先日、Facebookのマーク・ザッカバーグCEOが自分の家の人工知能執事みたいなのをつくったよ!って公開しました。

wired.jp

でも、本人も認めているようにまだまだ「こんなもん」て感じです。まだまだ人工知能だとかIoTとかはようやくスタートラインに立つか立たないかくらいの状況だと思いますが、近いうちになくてはならないものとか、当たり前に使うようなものができあがるのだと思います。

そういうときに既存のホテル業界とかはついていけるのかだの、電気自動車みたいにネット企業と既存自動車メーカーが組んだりするようになるのか、または既存の産業自体が吹っ飛ぶのか興味は尽きません。なるべくついていけるように努力していきたいと思っていますし、この先、その先がどうなっていくのか見てみたい気もあるので長生きしんばらなと思います。