読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェントルマンズジャーナル

海外のホテルで仕事することになったのでアレ食ったとかコレ食ったとか書くためのブログです。

パリの面白いホテル

ベトナムの都市とか星の数ほどのホテルがあり、ホーチミンのホテルとか検索しても2000軒くらいでてきて、結構な特徴を出していかないと埋もれてしまって見つけてもらうことすら難しいところあるかなと思います。

実際に私がフィリピンとか台湾に行くときとかも、DeNAトラベルとか航空券とセットで買えるところから選ぶのですが、日本の地方とかだと楽天トラベルとかで2ページ3ページで収まるのが、何十ページと出てくるし、前にどこに泊まったかも覚えられないくらいですので選んでもらうのは相当大変な感じがします。

まあ会社の方針とかもありますし、現地でターゲットにしているお客さんとの間でできることできないこととかもありますが、いろんな事例を見てどういう特徴を作っていくか参考にしたいと思います。

そう思ったときに頭に浮かんだのが、テレビを持っていない私がたまたまどこかでテレビを見て面白いなあと思った名前もしらないホテルを探してみました。パリにあるのかニューヨークだったかも記憶があいまいでしたがなんとかこれだと思うのが見つかりました。

 

アーティ パリ ホステル & バ​​ジェット ホテル

www.artyparis.fr

 

テレビで見て覚えているのが、若くてなんか最新のトレンドに敏感なクリエイター系の女性支配人がいることと、ラウンジとかで24時間簡単な食べ物を買ってに食べてもいいということと、メッチャシンプルでおしゃれな感じのことです。

共同部屋がメインのようですが、個室もあって狭いけど高い感じがしてさすが大都会パリや!と思った記憶があります。Booking.comでみると明日は8000円くらいでそんな高いわけじゃないけど。

今は都会だと外資系を中心にした超高級ホテルが多くできているようですが、その一方、Airbnbのような民泊とはちょっと違うんだけど素人やプロが自分の持っている空き部屋とかを好きなように改装して泊まってもてなしするというのも実際に台湾で何件かとまってきてすごく面白かったし、ゲストハウスのような個性的な場も人気があります。

そのどっちでもないところは果たしてどうしたら良いのでしょうか。昭和の時代にできたようなミエをはっただけの張りぼての高級感を目指したホテルとかだともう本当に特徴がないので値段しかなくて値段を安くしても値段なりで満足してもらえるかというとそうでもなくなっています。

一泊3万円以上のホテルという概念ができたころからの現在の最終形態のような高級ホテルと、自分たちの好きなことや個性を自由に表現できる個人でやっているゲストハウスやホステル、民泊。その中間のところはどうすればよいのでしょうか。

進化系ビジネスホテルが、予約がとれないほど人気なワケ

進化系ビジネスホテルが、予約がとれないほど人気なワケ

 

 と思ってこういう本を読んでみて、かなり面白く、1泊1万円未満のふつうのビジネスホテルなのですが超個性的で、高級ホテルにも負けない部屋とかサービスで、別の世界の話かと思いましたが今の現実のようです。

まあ、こういうのは新築だからこそ実現できた特徴が多かったので、既存の建物を使ったまさに普通どころはどういうものを目指していったら良いのでしょうか。

できることできないことなどいろいろと制限はあると思いますが、お客さんの対象とか見極めて戦略ねっていくのでこれから楽しみです。