ジェントルマンズジャーナル

海外のホテルで仕事することになったのでアレ食ったとかコレ食ったとか書くためのブログです。

背油注入

ついにベトナム行きの日程が決まりました。2月10日です。

昨日、一昨日と新潟に帰っていたので、久しぶりに食べたかった燕の背油ラーメン食べました。

杭州飯店を食べたかったのですが、11時行っても外まで並んでいて、14時に行っても並んでいたのであきらめて潤に行きました。

潤のラーメンは食べるたびに全然味が違っていて、たいていの場合油ギッシュで気持悪いのであまり好きではないですが、仕方なく行きましたが、すごく久しぶりにおいしいラーメンでした。

思えば16年前。アメリカ人とイギリス人のカップルが「世界一おいしいラーメン屋さん見つけた」と言って連れて行ってくれた店がまだたぶん初期のころの潤でした。君たちにラーメンの味なんてわかるのかよ~と思いながら店に入って食べてみると、「ホンマや!」と言わざるを得ませんでした。本当に世界で一番おいしいラーメンでした。

その後、潤さんが県内外に店を作り、当時住んでいた柏崎の潤もなんか違う…って感じでしたし、燕とか三条の潤も「燕の伝統の」と言っておきながらなんだかラーメン二郎みたいになっていて「これじゃない」感が強かったのですが、昨日のラーメンはラーメン二郎ブームに踊ってしまってから我に返って原点回帰したようで見事なラーメンでした。

それでも杭州飯店食べたかった。ベトナムに行ったら食べれなくなるので、なんとか自作したいと思っています。しかしベトナムには豚は高かったり手に入りにくいと聞きましたので、背油が心配です。

そこで、ふつうのラーメンの中に入れるだけで、背油ラーメンになるという粒状背油を発見し、「これじゃない感」は絶対あるものの、背油なしの人生など考えられず、たまには背油を注入しないと体や心にガタがきてしまうため、スーツケースの中に入れていくつもりです。